英語vs日本語

ムスメが話すかわいい言葉。





「もーもー」






「もっともっと」と言っているのかと思ったら、
「more more」でした。





物を渡す時には決まって「はいよー」




どうして、最後に「よー」がつくのかなぁと思ったら、
「Here you go.」でした。




「Hi」「Hello」「Bye bye」「No」もいっちょまえにマスターし、
日本語は「ばぁ」と「わんわん」くらいです。



なんだか私がちゃんと子育てしていないみたいで、ドキリとしますが、
ま、英語は日本語の基礎だと思って気楽に構えております。



*****************************
きょうのお洋服

IMG_3613.jpg

クレヨンしんちゃんのほっぺみたいだと言われました。
近所では「ミスほっぺ」と呼ばれています。



>江戸ランドさん
飛行機までわんわんですね(笑)


>最初は犬にしか言っていなかったのですが、
>最近は人でも川でも動けばワンワンです。
>日本語だから、よかったものの。。。


スポンサーサイト

バイリンガル教育の方法(1)

大学院時代の教科書を読み直しています。
これももう十年以上前の本になってしまいましたね。。。


バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができることバイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること
(2001/05)
中島 和子

商品詳細を見る



一章ではバイリンガルってなんだろうというところから始まっています。
7ページにある自転車の絵は必見です。
一つの車輪でもOK。大きな車輪と小さな車輪でも前に進める。
二つの車輪のバランスが取れていれば、速く遠くまで行ける。
でも、両方の車輪がガタガタにならないようにね。
と、言葉を車輪に喩えた絵です。
分かりやすく、いろんなメッセージが詰まっています。


二章ではとにかく本の読み聞かせの重要さが書かれています。
①親子の会話だけでは賄えない語彙に出会えるから
②会話表現には出てこない複雑な文法や文章に出会えるから
③読むことの楽しさが得られるから。
(特に日本語では読むことの楽しさが漢字を学ぶ動機に直結する)
ということです。
ポイントは親が楽しそうに読むことだそうです。あは。


そして、もう一つ聞き捨てならないことは
「忘れやすさ」という点から言うと、
二つ目の言語を7、8歳以前に学ぶと、
その言語は維持されにくいということ。

ということで、二言語同時に学び、英語で学校教育を受けるムスメが
日本語を維持するのは非常〜に難しいということでしょうかっ。

お宅のお子さんはバイリンガルになるね、とよく言われますが、
それは超〜大変だということをここで先に言い訳しておきます。。。


えー、まだ二章までしか読んでないので、
今日はここまで。


人間形成の日米比較

今日はちょっと真面目な記事を。



私は一応語学教育の専門家なので、
バイリンガル教育についてもかじりました。





しかーし!





もちろん学んだことはほとんど忘れております。




ということで、昔の教科書なんかを出して来て、
今、慌てて読んでいます。
ただ読んでいるだけでは、右から左に忘れていくので、
ちょっと覚え書き程度に皆様にもご紹介したいと思います。



古い古い本を読みました。




人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム (中公新書)人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム (中公新書)
(1992/03)
恒吉 僚子

商品詳細を見る




とても興味深かったのは、日本では大人が子どもに何か注意する時に
「周りの人に迷惑でしょ」というように道徳心や同情心に訴えかけて、
やめるようにしむけるのに対して、
アメリカでは「やめなさい。なぜなら私がそう言ったから。」となるんだそうです。



それから、平等についての感覚。
日本では一斉に同じことを教えることを平等と捉え、
アメリカでは個性に対応した教育をすることを平等と捉えているようです。

アメリカに住んでいると「言ったもの勝ち」なことがよくありますが、
こういう所から来ているのではないかなと、なんだか妙に納得。



で、だからなんなんだって感じだし、
20年前の本ですから、もう随分変わっていると思います。
ただ、ダンナはこういう教育を受けてきただろうし、
日本の学校教育しか知らない私にはとても参考になりました。

そして、恐らく日本型しつけとアメリカ型しつけの狭間で育つムスメが
言葉の問題だけでなく、こういうところで葛藤するかもしれないということが
学べたのは大きな収穫でした。


ちゃんちゃん。


プロフィール

カローラ

Author:カローラ
長かった二人暮らしを経て、ついに三人暮らしを開始!「29歳のダイエット」「31歳からの二人暮らし」に続く、待望の(?)第三部です。

ブログランキングに参加中です。応援の1クリックお願いいたします。励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数