スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間形成の日米比較

今日はちょっと真面目な記事を。



私は一応語学教育の専門家なので、
バイリンガル教育についてもかじりました。





しかーし!





もちろん学んだことはほとんど忘れております。




ということで、昔の教科書なんかを出して来て、
今、慌てて読んでいます。
ただ読んでいるだけでは、右から左に忘れていくので、
ちょっと覚え書き程度に皆様にもご紹介したいと思います。



古い古い本を読みました。




人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム (中公新書)人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム (中公新書)
(1992/03)
恒吉 僚子

商品詳細を見る




とても興味深かったのは、日本では大人が子どもに何か注意する時に
「周りの人に迷惑でしょ」というように道徳心や同情心に訴えかけて、
やめるようにしむけるのに対して、
アメリカでは「やめなさい。なぜなら私がそう言ったから。」となるんだそうです。



それから、平等についての感覚。
日本では一斉に同じことを教えることを平等と捉え、
アメリカでは個性に対応した教育をすることを平等と捉えているようです。

アメリカに住んでいると「言ったもの勝ち」なことがよくありますが、
こういう所から来ているのではないかなと、なんだか妙に納得。



で、だからなんなんだって感じだし、
20年前の本ですから、もう随分変わっていると思います。
ただ、ダンナはこういう教育を受けてきただろうし、
日本の学校教育しか知らない私にはとても参考になりました。

そして、恐らく日本型しつけとアメリカ型しつけの狭間で育つムスメが
言葉の問題だけでなく、こういうところで葛藤するかもしれないということが
学べたのは大きな収穫でした。


ちゃんちゃん。


スポンサーサイト
プロフィール

カローラ

Author:カローラ
長かった二人暮らしを経て、ついに三人暮らしを開始!「29歳のダイエット」「31歳からの二人暮らし」に続く、待望の(?)第三部です。

ブログランキングに参加中です。応援の1クリックお願いいたします。励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。