スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ大統領からのお返事

先月書いたオバマ大統領への手紙に、今日お返事が届きました。ぐふふ。





IMG_1919.jpg

Welcome to the world! Your arrival is a cause for great celebration for your proud family. We wish you a long and happy life filled with chances to learn, ideas to explore, people to love, and dreams to fulfill.





簡単に訳すと、、、










祝生誕!










ってとこでしょうか。(省きすぎー!)





大統領夫妻から、お祝いのカードですっ。
将来、黒人初の大統領の時代に生まれたんだよとか言って見せてあげたいものです。




********************************
きょうのお洋服

IMG_1884.jpg



>江戸ランドさん
私も大学院で妊娠する前にバイリンガル教育の授業を取ったのですが、そこで覚えたことは、バイリンガルで育つのがとにかく大変のようです。先生の体験談を聞いていると特にそういう感じがします。なので、バイリンガルでそだっていません。周りにかなり白目で見られていますが、とにかく日本語が上手になって、少し大きくなってGrandmaとかに話したくなったら遅くないと思っております。赤ちゃんの時に音だけのために英語の子守歌などを歌って、最近は日本語もかなり覚えてきたので英語の絵本も少しずつ読み聞かせています。日本中では、英語を上手にならなくていいと思っている親は私たちぐらいのではないかと疑う日々です。

ところで、「ハトぽぽ」や「カラス、何で鳴くの」の歌はお父さん専用で、お母さんが歌おうとすると「お母さん駄目!お母さんはワフォワフォだ!」と言われるようになりました。(ワフォワフォは、Dr. SuessのThe Foot Bookの見出し部分Left foot left footを、娘なりに発音していると思います。)

実は聞こうと思っていましたが、先生は基本的に娘に何語で喋っていますか?



>バイリンガル教育についてはそれぞれの家庭で条件が違うし、
>色々な考え方があっていいと思っていますが、
>私のスタンスは江戸ランドさんに近い気がします。
>今は基本的に日本語で話しかけていますが、
>ムスメはいつか日本語を忘れてしまうかもしれません。
>でも、そうなったとしても、江戸ランドさんのクラスメートの○○さんや○○さんのように、
>将来、やっぱり日本語勉強したいな、なんて思ってくれたら万々歳です。
>でも、ムスメの行く高校や大学に日本語のクラスがなかったらどうしよう!
>そういった点で、江戸ランドさんの娘さんは絶対に英語を習うので、いいですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カローラ

Author:カローラ
長かった二人暮らしを経て、ついに三人暮らしを開始!「29歳のダイエット」「31歳からの二人暮らし」に続く、待望の(?)第三部です。

ブログランキングに参加中です。応援の1クリックお願いいたします。励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。